たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

とっておきの北陸秋旅(2)【石川県】
~金沢市~

場所
  • 国内
  • > 北陸・中部・信越
  • > 石川県
> 金沢市
とっておきの北陸秋旅(2)【石川県】<br>~金沢市~

ライトアップされた鼠多門と鼠多門橋。写真提供:石川県公園緑地課

新スポットが続々登場! 気ままに金沢さんぽ

加賀百万石の城下町・金沢。今年、市中心部に登場した二つのスポットに注目が集まっている。

北陸新幹線の金沢駅からバスで7分。7月、金沢城公園の西側には鼠多門(ねずみたもん)と鼠多門橋が約140年ぶりに復元整備された。鼠多門は石垣の上に木造二階建ての櫓を備えた門で、腰壁の海鼠壁の目地に黒漆喰が用いられているのが特徴。鼠多門橋は、鼠多門と道を隔てた尾山神社を結ぶ。尾山神社が立つ場所は、江戸時代は「金谷出丸」と呼ばれた金沢城の郭の一つで、隠居した藩主や藩主家族が住む「金谷御殿」があり、堀を隔てた玉泉院丸へと渡る鼠多門橋がかかっていた。

鼠多門
鼠多門橋は鋼材を木で覆った木橋のような外観。写真提供:石川県公園緑地課
鼠多門
鼠多門は櫓の内部も見学可。【鼠多門】無料/9時~16時30分(最終入館 30分前)、無休/TEL:076-234-3800/北陸新幹線金沢駅からバス7分の南町・尾山神社下車徒歩5分。北陸道金沢西ICから7キロ

また、10月25日には、鼠多門から歩いて15分ほどの本多の森公園に国立工芸館(正式名称:東京国立近代美術館工芸館)が開館予定だ。工芸館が所蔵する人間国宝と日本芸術院会員の全作品(約1400点)を含む、美術工芸作品約1900点が移転する。

建物は、旧陸軍の第九師団司令部庁舎と、将校達の社交場だった金沢偕行社だ。明治期の洋風建築を今に伝え、いずれも国の登録有形文化財。建設当時の色や姿に戻して、移築・復元された。

鼠多門・鼠多門橋の完成により、長町武家屋敷跡から尾山神社、金沢城公園、兼六園、そして本多の森公園へ続く新たな観光ルート「加賀百万石回遊ルート」が誕生。秋風吹く城下町を思い思いに巡ろう。

国立工芸館
国立工芸館の建物。1898年築の第九師団司令部庁舎(左)と1909年築の金沢偕行社(右)
国立工芸館内部
国立工芸館は建築様式も見所のひとつ。料金は展覧会により異なる/9時30分~17時30分(最終入館30分前)、 月曜休(祝日の場合は翌平日休)、年末年始休、展示替え期間休/TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)/北陸新幹線金沢駅からバス11分の広坂・21世紀美術館(しいのき迎賓館前)下車徒歩9分。北陸道金沢西ICから7キロ

加賀百万石回遊ルート「SAMURAIパスポート」

兼六園をはじめ、ルート上の12施設に2日間何度でも入れるパスポート1000円を販売(翌3月31日まで。国立工芸館など3施設は入館料割引)。宿泊券などが当たるスタンプラリーも実施中(翌2月28日まで)。パスポート利用施設、販売所など詳細は、公式サイトまで。

 

石川県の観光について

Writer

旅行読売出版社 メディアプロモーション部 さん