たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

とっておきの北陸秋旅(3)【福井県】
~福井市、敦賀市~

場所
  • 国内
  • > 北陸・中部・信越
  • > 福井県
> 福井市 敦賀市
とっておきの北陸秋旅(3)【福井県】<br>~福井市、敦賀市~

一乗谷朝倉氏遺跡の復原町並にある展示

大河ドラマの舞台へ! 戦国の世を駆けた光秀の足跡

福井県内には、大河ドラマ「麒麟がくる」で注目される戦国武将・明智光秀の足跡が各地に残る。美濃(岐阜県)を追われた光秀は、越前(福井県北部)で10年ほど過ごしたとされる。坂井市にある称念寺の門前で暮らしていた頃、妻の熙子が自慢の黒髪を売り、光秀主宰の連歌の会の費用を工面したという美談が伝わっている。

一乗谷朝倉氏遺跡。
一乗谷朝倉氏遺跡。一乗谷は、最盛期には約1万人が暮らす城下町として栄えていたという。

越前で光秀が仕えたとされる朝倉氏は、5代103年にわたり越前を治めていた。一乗谷には、朝倉館跡や庭園、後の室町幕府15代将軍足利義昭が滞在した御所・安養寺跡など多くの遺構が残る。復元された町並や遺構を眺めていると、当時の城下町の賑わいや人々の暮らしが偲ばれ、歴史ロマンを感じる。

復原町並
一乗谷朝倉氏遺跡。見学自由、無休※復原町並220円/9時~ 17時(最終入場30分前)、年末年始休 /TEL:0776-41-2330(朝倉氏遺跡保存協会)/北陸線福井駅から一乗谷朝倉特急バス 23分の復原町並下車すぐ。北陸道福井IC から8キロ

その後、光秀は織田信長に仕え、若狭(敦賀)で活躍の時を迎える。越前に攻め入ろうとする信長に、義弟の浅井長政謀反の知らせが届く。お市の方が両端を縛った小豆袋を兄の信長に送り、朝倉と浅井の挟み撃ちを伝えたという。織田勢は急きょ退却、光秀は木下藤吉郎(豊臣秀吉)と共に殿を務め、退却を成功させる。

金ヶ崎城跡
「金ヶ崎の退(の)き口」として知られる退却戦の舞台となった金ヶ崎城址

舞台となった金ヶ崎城址には、現在は金崎宮が立つ。お市の方が信長に送った小豆袋をモチーフにしたお守りが人気を集めている。

金崎宮
金ヶ崎城址にたたずむ金崎宮。秋はモミジが美しい(見頃11月)。見学自由、無休/TEL:0770-22-0938/北陸線敦賀駅からぐるっと敦賀周遊バス8分の金崎宮下車徒歩5分。北陸道敦賀ICから4キロ
金崎宮お守り
逸話をもとにした金崎宮のお守り。難関突破にご利益があるという

福井県の観光について

Writer

旅行読売出版社 メディアプロモーション部 さん