たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

コロナ禍でも自宅で旅行気分を味わって

場所
コロナ禍でも自宅で旅行気分を味わって

いまだ収束の兆しが見えない新型コロナウイルスの感染拡大。国の「Go To トラベル」事業などによって旅行する人が増えてきたとはいえ、自宅にこもり、「旅はまだまだ我慢」という人も多いのではないだろうか。

そんな状況下で、Orange(オレンジ)株式会社が始めたのが「おうちソクたび」だ(写真)。そして、「例えば、東北のある温泉から、生そば、山菜、温泉まんじゅう、温泉の素などの品々(内容は時期により異なる)とともに、観光パンフレットや旅のしおりが自宅に届きます。また、YouTubeを通じて、旅先の風景や箱詰めした地元の方のメッセージに触れてもらうのです」と、具体的な内容を説明する。

2020年4月にスタートしたこのサービスに、すでに2000件以上の申し込みがあったという。コロナ禍の中で生まれた新ビジネスだが、「旅行したい人は自宅で旅行気分を味わえるし、観光地にも経済的な貢献ができる」(甲斐さん)というのが最大の特徴だ。

本当に旅をしたら、そこで出合えるはずのごちそうなどが届く。写真はイメージ。「おうちソクたび」に関する詳しい情報は下記WEBサイトにて

<公式サイト>

おうちソクたび

 

(出典「旅行読売」2021年2月号)

(ウェブ掲載 2021年3月11日)

Writer

松本浩行 さん

東京都墨田区出身。月刊「旅行読売」編集部勤務から3年間の青森県勤務(読売新聞弘前支局)を経て、2019年11月、月刊「旅行読売」編集部に戻る。これまでに群馬県、石川県、宮城県などでも勤務した経験をもつが、今では「歌手ならりんご娘(ご当地アイドル)、山なら岩木山、果物ならリンゴ」と語る青森推しの編集長。

Related stories

関連記事

Related tours

この記事を見た人はこんなツアーを見ています