たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

進々堂

場所
> 京都市左京区
進々堂

ナラ材の長机が置かれた店内。勉強の邪魔になるので音楽は流さない

カルチェ・ラタンのカフェの香り

学生や旅人と喫茶店の相性はいい。時間を持て余し、行き場に困った学生たちや、訪れた町を歩き疲れた旅人たちは、進々堂(しんしんどう)のような静かな店で束の間の休息をとり、次の一歩を踏み出す鋭気を養う。

平日の朝、店内にはすでに数人の客がいて、ノートや本を広げ、コーヒーを飲んでいる。窓の外に今出川通りを隔てて京大が見え、時おり学生が行き過ぎる。

補修を繰り返した内装はほぼ開業時のまま。年季の入ったランプシェードやカウンター、詩人ワーズワースの英詩のレリーフ、後の人間国宝の木工家・黒田辰秋(たつあき)が手がけた長机が、黒く静謐(せいひつ)な光を放っている。

外観
京都大学の向かいに立つ進々堂 京大北門店
店名プレート

開業は1930(昭和5)年、内村鑑三門下の詩人だった続木斉(つづきひとし)は、フランス・パリに留学してパン作りを学び、帰国後にパン屋とカフェを開いた。「学生が集まるカルチェ・ラタンのカフェを京都につくりたかったようです」と、ひ孫にあたる店主の川口聡さんは言う。

店はそれからずっと町を見守り続けてきた。「店そのものが生きていると感じる瞬間があります。黒田さんの机に座って、ゆっくりほっこりしてほしい」(川口さん)

メニュー
名物のカレーパンセット。朝食やランチに

店内は時が止まっているかのよう。その静寂が温かい。焼き立てパンとミルク入りコーヒーで腹ごしらえしてから扉を開け、京都の町を歩き出した。


進々堂 京大北門店

住所:京都市左京区北白川追分町88

交通:京阪鴨東線出町柳駅から徒歩15分

喫煙:不可

℡075-701-4121

(出典 「旅行読売」2014年2月号)

(ウェブ掲載 2019年11月1日)

Writer

福崎圭介 さん

新潟県生まれ。広告制作や書籍編集などを経て月刊「旅行読売」編集部へ。編集部では、連載「旅する喫茶店」「駅舎のある風景」などを担当。旅先で個性的な喫茶店をチェックする習性があり、泊まりは湯治場風情の源泉かけ流しの温泉宿か、駅前のビジネスホテルが好み。最近はリノベーションや地域再生に興味がある。趣味は映画・海外ドラマ鑑賞。