たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

世界遺産の古代遺跡を訪ねて カンボジアのアンコール

場所
世界遺産の古代遺跡を訪ねて カンボジアのアンコール

巨大寺院「アンコールワット」

世界遺産の古代遺跡を巡る旅で、アジアに目を転じてみよう。一度は行っておきたい古代遺跡と言えば、カンボジアのアンコールだ。9世紀~15世紀頃に栄えた都市の遺構である。カンボジア第二の都市シェムリアップの郊外に位置し、密林に埋もれるように残された遺跡群は壮大だ。

巨大寺院「アンコールワット」。濠に映るその姿はとても美しい

「アンコールワット」の濠は東西1.4キロ、南北1.3キロもあり、そこに映る姿がまた美しい
「アンコールワット」の濠は東西1.4キロ、南北1.3キロもあり、そこに映る姿がまた美しい

よく知られているのは巨大寺院「アンコールワット」。広い環濠に囲まれ、三重の回廊に五基の堂塔を備える、世界最大の伽藍を持つ仏教寺院だ。池に映るその姿はとても美しく、いつまで眺めても見飽きない。


城塞「アンコールトム」中央のバイヨン寺院で見ることができる「クメールの微笑」

バイヨン寺院では数々の彫刻も見もので、中でも「クメールの微笑」は有名
バイヨン寺院では数々の彫刻も見もので、中でも「クメールの微笑」は有名

「アンコールトム」は周囲に濠を巡らせた巨大な城塞で、アンコール朝がいかに強大な国だったかが分かる。城の中央にあるバイヨン寺院には、「クメールの微笑」と呼ばれる見事な彫像が残され、心をのぞかれるようなまなざしが印象的だ。

アンコールは、東京23区に匹敵する面積に建物が点在している。現在残されている遺構の多くは寺院で、生い茂る木々の中に忘れられたように残る遺跡は、旅人の心を打つ。森の奥の誰もいない古寺で一人たたずめば、人の世のはかなさを思わずにいられないだろう。

タイミングがあえば、プノンバケンという山に登り、沈む夕陽を眺めてみたい。太陽がとても小さく見えて驚くだろう。それほど、インドシナのジャングルは果てしなく、大地は広いのだ。

カンボジア王国政府観光局 http://cambodiatourism.or.jp/

カンボジア関連ツアーはこちら

https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kaigai/asia/cambodia/

(出典:「旅行読売」2018年7月号)

Writer

鎌倉淳 さん

1969年、東京都生まれ。旅行総合研究所タビリス代表。放送局記者を経て、世界の観光エリアや航空・鉄道に関する取材を続けている。著書に「死ぬまでに一度は行きたい世界の遺跡」(洋泉社)など