たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

ナニコレ!?みやげ 鳥取県の巻 砂たまご

場所
ナニコレ!?みやげ 鳥取県の巻 砂たまご

スナバ県ならではのヒット商品「砂たまご」

スタバ進出を前にスナバで誕生

「スタバ(スターバックス)はないが、スナバ(砂丘)はある」という平井伸治知事の名言が契機になったのではなかろうが、47都道府県で唯一スターバックスがなかった鳥取県に同店1号店がようやく2015年にオープン。一方、引き合いに出されたスナバの方は、スタバ進出からさかのぼること10年以上前に「砂たまご」なる商品を生み出していた。

温泉タマゴにならって商品開発

2004年に鳥取市と合併した福部村で、「鳥取砂丘の魅力をアピールしよう」と当時の村人たちが2001年に立ち上げたのが、ふくべむら特産品本舗だ。

「砂はよおけあるだけ、利用せん手はないでなあ」「温泉タマゴがあるだけぇ、砂タマゴがあってもええでないかいや」

そんなやり取りが商品開発につながったという。

白身に焦げ目、黄身はホクホク

因州和紙で鶏卵を包み、鳥取砂丘の砂に埋めて約250度までしっかり加熱。そうすると、水分は適度に抜け、白身にはほんのり焦げ目がついて弾力も出る。黄身は、クリや焼きイモのようにホクホクした食感になる。ゆで卵ならぬ蒸し焼き卵の完成だ。

原料の卵は、オスもメスも放し飼いにして産まれた有精率80%以上のものを使用。日本食品分析センターに検査を依頼したところ、製法の効果もあってか、一般のゆで卵よりもタンパク質、鉄分、カルシウムなどを多く含むという分析結果が出たという。

「村おこし」の熱い思いが、スナバ県ならではのヒット商品を世に出した。


【価格】350円(3個入り)


買える場所

鳥取砂丘の土産物店やJR鳥取駅の「おみやげ楽市」など。都内では、新橋のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」で販売。


問い合わせ

ふくべむら特産品本舗

TEL 0857・74・3158

(出典/「旅行読売」2014年12月号)

鳥取関連ツアーはこちら

https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kokunai/saninsanyo/tottori/

Writer

松本浩行 さん

東京都墨田区出身。月刊「旅行読売」編集部勤務から3年間の青森県勤務(読売新聞弘前支局)を経て、2019年11月、月刊「旅行読売」編集部に戻る。これまでに群馬県、石川県、宮城県などでも勤務した経験をもつが、今では「歌手ならりんご娘(ご当地アイドル)、山なら岩木山、果物ならリンゴ」と語る青森推しの編集長。