たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

11月23日は「牡蠣の日」。生産量日本一の広島牡蠣を食べ比べ。東京・銀座TAUで

場所
> 江田島市、大崎上島町、東広島市
11月23日は「牡蠣の日」。生産量日本一の広島牡蠣を食べ比べ。東京・銀座TAUで

「Z」の刻印がある牡蠣も

広島県は日本最大の牡蠣の産地。その広島牡蠣の食べ比べなどが楽しめる「オイスターバーin TAU」が12月上旬までの週末ごとに、東京・銀座の「ひろしまブランドショップTAU」1階のひろしまCAFEで開催されている。提供されている牡蠣は、地元生産者が様々な工夫をこらして育成したものばかり。中には貝殻に「Z」の刻印がある牡蠣もある。


栄養豊富な牡蠣は古来、世界各地で食べられてきた。その牡蠣を食べて労働の疲れをいやしてもらおうという趣旨で、2004年に全国漁業協同組合連合会が、「勤労感謝の日」である11月23日を「牡蠣の日」と制定した。また、この日を過ぎれば、鍋物食材・贈答用の牡蠣の需要がピークとなる12月がやってくる。

老舗かなわ水産の三種類の牡蠣。左から「先端(SENTAN)」、「大黒神島」「ひろしま」
老舗かなわ水産の三種類の牡蠣。左から「先端(SENTAN)」、「大黒神島」「ひろしま」


2019年の1123日「牡蠣の日」は土曜日。翌24日(日曜日)までの食べ比べセット(1200円)は、広島牡蠣の老舗かなわ水産(江田島市大柿町)の三種類。成長が早い「先端(SENTAN)」(一つ280円)は、きめが細かく、海水の味で引き立つ甘味が魅力。「大黒神島」(同430円)は、潮味と甘味のバランスが良い。「ひろしま」(同550円)は通常より長く育成され、広島牡蠣特有の味わいが非常に良く出ている。

左から、ファームスズキ(大崎上島町)の「塩田熟成牡蠣」フルスイ(東広島市安芸津町)の「Zオイスター」、三浦海産(江田島市江田島町)の「三浦さんの牡蠣」
左から、ファームスズキ(大崎上島町)の「塩田熟成牡蠣」フルスイ(東広島市安芸津町)の「Zオイスター」、三浦海産(江田島市江田島町)の「三浦さんの牡蠣」


1129日(金曜日)から12月1日(日曜日)までと12月6日(金曜日)から同8日(日曜日)の食べ比べセット(1350円)は三つの生産者自慢の牡蠣の味わいが比較できる。

ファームスズキの「塩田熟成牡蠣」(一つ500円)は、大崎上島の塩田跡で育てられ、甘味が強く、芳醇でマイルドな味わい。フルスイの「Zオイスター」(同600円)は水揚げ量が少ない、東広島市安芸津町の三津湾産。貝殻に「Z」の文字が刻印されている。三浦海産の「三浦さんの牡蠣」(同400円)は栄養分の多い海域と少ないところを移動して身を太らせたり、牡蠣を選別して身入りの良い牡蠣だけを水揚げするなど、品質にこだわっている。


海外でも人気の広島牡蠣


ファームスズキの鈴木隆社長は、「ロシアなどからも注文が入り、モスクワのオイスターバーで人気を集めている。広島牡蠣をもっと世界に売り込んで行きたい」と言う。鈴木さんは、広島県竹原市の竹原港にある「海の駅」に、生食の牡蠣などを楽しめるレストラン「ファームスズキ」も開いており、「瀬戸内海へ旅して、牡蠣を味わってほしい」と呼びかけている。


広島県が推計した、2017年の全国の牡蠣総生産量(むき身)は2万9846トン。その62・7%にあたる1万8708トンを広島県が占めている。

牡蠣フライや牡蠣のおむすび、牡蠣を載せたお好み焼きも

牡蠣をたっぷり載せたお好み焼き
牡蠣をたっぷり載せたお好み焼き


ひろしまCAFE(TEL0355799952)で開催されているオイスターバーinTAUでは、生牡蠣のほかにもカキフライやカキのおむすび、生牡蠣と相性のよい広島の日本酒・ワインなどもそろえている。営業は金曜日が17時~19時30分、土曜・日曜日が12時19時30分


ハムやトマトなどと組み合わせた洋風牡蠣料理
ハムやトマトなどと組み合わせた洋風牡蠣料理


さらに、TAU内にあるイタリアン、お好み焼き、和食のレストラン3店でも、広島の牡蠣を使ったメニューを用意している。


Writer

藤原善晴 さん

月刊「旅行読売」編集部に2019年12月まで勤務。現在読売新聞東京本社文化部。瀬戸内海が見晴らせる広島県安芸津町風早(現・東広島市)生まれ。レトロブームということもあり、最近は「昭和」という言葉に敏感に反応。また、故郷が「令和」の典拠となった万葉集ゆかりの地であるため、福岡県太宰府市、奈良県、富山県高岡市、鳥取県など各地の「万葉集」ゆかりのニュースにも目を光らせている。