たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

スペイン・カタルーニャ州政府観光局、観光名所を巡るVRゲームを無料配信

場所
スペイン・カタルーニャ州政府観光局、観光名所を巡るVRゲームを無料配信


VRゲーム「レジェンド・オブ・カタルーニャ」のナビゲーターである騎士サン・ジョルディがドラゴンと戦う (C)Agencia Catalana de Turismo. All rights reserved.



スペインのバルセロナを州都とする同国北東部カタルーニャの州政府観光局は、バルセロナのサグラダファミリア教会やモンセラートの山々など、世界的に有名なカタルーニャの観光名所を巡りながら遊ぶVR(仮想現実)ゲーム「レジェンド・オブ・カタルーニャ — バルセロナの地」を多言語(スペイン語、英語、カタルーニャ語)で制作。日本語版は20191112日から無料配信している。

マイクを手にしてVRゲームについて説明するカタルーニャ州政府企業知識省大臣のアンジェルス・チャコン氏
マイクを手にしてVRゲームについて説明するカタルーニャ州政府企業知識省大臣のアンジェルス・チャコン氏


このVRゲームでは、著名なカタルーニャ人をキャラクターに設定している。キャラクターは、強豪FCバルセロナの“レジェンド”と称される、サッカー選手カルラス・ブジョール、登山家のエドゥルネ・パサバン、ミシュラン3つ星レストラン「カン・ロカ」オーナーのロカ三兄弟ら、様々な分野の人物だ。


バルセロナに集中する日本人観光客を「その先」の名所に誘う


ゲームの舞台は、カタルーニャでも国際的観光地となっている場所ばかり。バルセロナのサン・アントニ市場、サグラダファミリア教会、タラゴナのローマ遺跡、リェイダの古いカテドラル、バルセロナ郊外の聖地であるモンセラートの山々、芸術家ダリゆかりの地カダケスの6か所だ。


モンセラートの山々の上空で、風船にぶつからないようにしながら輪の中を通って行く小ケームを遊ぶプレイヤー (C)Agencia Catalana de Turismo. All rights reserved.
モンセラートの山々の上空で、風船にぶつからないようにしながら輪の中を通って行く小ケームを遊ぶプレイヤー (C)Agencia Catalana de Turismo. All rights reserved.


ゲームを楽しみながら、カタルーニャの文化、歴史、美食、自然などを体験し、知識を深めることができる。

カタルーニャ州には2018年に297000人の日本人が訪問。アジア・太平洋の各国・地域の中で、日本からの観光客数は、中国、韓国などをしのいでトップとなっている。


(えとき)アジア・太平洋の各国・地域からカタルーニャへの観光客数について説明するカタルーニャ州政府観光局の担当者
(えとき)アジア・太平洋の各国・地域からカタルーニャへの観光客数について説明するカタルーニャ州政府観光局の担当者


ただ、日本人観光客の訪問地は州都バルセロナに集中しがちで、カタルーニャ州政府観光局は、VRゲームを通してバルセロナの「その先」の観光名所へ誘うことを狙っている。

カタルーニャの守護聖人である騎士サン・ジョルディがナビゲーター


ゲームのストーリーは、カタルーニャの守護聖人である騎士サン・ジョルディの「伝説の本」にヒントを得ている。サン・ジョルディは、ドラゴンに捕らえられたお姫様がいけにえにされるところを、ドラゴンを退治して王女を救った。剣で刺したドラゴンから血が流れ、そこから咲いた赤いバラをお姫様に贈ったことから、423日は「サン・ジョルディの日」としてバラや本を贈る日とされている。

このVRゲームでは、サン・ジョルディがナビゲーターとなり、プレイヤーにカタルーニャ各地を案内し、冒険の旅をしていく。

プレイヤーは、カタルーニャの著名人をもとにした3組5人のキャラクターを「アドバイザー」としながら、観光名所6か所でミニゲームを行う。各ゲームをクリアするとメダルが与えられ、「伝説の本」にメダルを3つはめ込むと本が完成しエンディングとなる。

ゲームは公式サイトhttp://www.legendsofcatalonia.com/からダウンロードする。対応機種はPlayStation®4

このゲームは、2019115日にロンドンで開催された「ITTA国際観光アワード」(International Travel&Tourism Awards)で、「旅に関する優れた革新的テクノロジー部門」の銀賞を受賞した。

【問い合わせ】

カタルーニャ州政府観光局 http://jp.catalunya.com/


Writer

藤原善晴 さん

月刊「旅行読売」編集部に2019年12月まで勤務。現在読売新聞東京本社文化部。瀬戸内海が見晴らせる広島県安芸津町風早(現・東広島市)生まれ。レトロブームということもあり、最近は「昭和」という言葉に敏感に反応。また、故郷が「令和」の典拠となった万葉集ゆかりの地であるため、福岡県太宰府市、奈良県、富山県高岡市、鳥取県など各地の「万葉集」ゆかりのニュースにも目を光らせている。