たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

仏蘭西茶館

場所
> 釧路市
仏蘭西茶館

土壁やレンガの壁が繁華街の喧騒を遮断する

釧路の盛衰を知る隠れ家的な純喫茶

根室線特急列車で釧路駅に着いた頃には、もう夜もとっぷりと更けていた。駅を出ると、霧とも小雨とも分からない湿った空気がシャツを濡らした。時折響いてくる低音は、霧笛(むてき)だろうか。乗降客が去った駅前は寂しい。ひとり旅の私は、人恋しさにさいなまれ、繁華街へ向かった。コーヒーでもと歩いていたら、雑居ビルの入り口で「仏蘭西茶館」(フランスさかん)の看板が地階へ誘っていた。

シャンソンが流れる店内で、ゆっくりとコーヒーを落としていた主人は鈴木克衛(かつえ)さん。1972年の創業当時は真っ白だったという壁は、タバコの煙で煤(すす)けたのか茶色に。石室のような重厚感を醸し出していた。テーブルやイス、ライトなどはアンティーク調。地階で窓が乏しいことも手伝って、隠れ家の趣だ。

仏蘭西茶館 外観
店名はフランスの小説家、フランソワーズ・サガンをもじったという
仏蘭西茶館 パフェ
パフェは食べ応え十分

純喫茶を謳(うた)うだけあって、釧路で初めて出したというウインナコーヒーなどメニューはオーソドックス。パフェは酔客にも人気とか。

「このあたりは釧路一の繁華街だけど、ずいぶん静かになったね。以前はデパートもあって、買い物客や従業員がよく寄ってくれたけど」と少し寂しそうな鈴木さん。「漁船が港を埋め尽くす光景も見られなくなった」と言うが、市の中心部では再開発が決まり、新しい釧路の街づくりが進んでいる。

半世紀近く釧路を見てきた主人と話し込むほどに、時にはこんなひとり旅もいいなと思えてきた。

文・写真/渡辺貴由


仏蘭西茶館

住所:北海道釧路市末広町5-5 末広ビル地下1階

交通:根室線・釧網線釧路駅から徒歩10分

喫煙:可

℡0154-22-9666

(出典 「旅行読売」2014年8月号)

(ウェブ掲載 2019年12月24日)

Writer

渡辺貴由 さん

栃木県栃木市生まれ。旅行情報誌制作に30年近く携わり、全国各地を取材。現在、月刊「旅行読売」編集部副編集長。プライベートではスケジュールに従った「旅行」より、行き当たりばったりの「旅」が好き。温泉が好きだが、硫黄泉が苦手なのが玉に瑕(きず)。自宅では愛犬チワワに癒やされる日々。