たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

映画「男はつらいよ」の山田監督、おなじみの出演者たちが語る「柴又」「寅さん」(2)

場所
  • 国内
  • > 北陸・中部・信越
  • > 三重県
> 葛飾区、松戸市、菰野(こもの)町
映画「男はつらいよ」の山田監督、おなじみの出演者たちが語る「柴又」「寅さん」(2)

座談会を終えた右から山田監督、倍賞さん、前田さん、佐藤さん。会場は観衆で埋まっている

特別座談会の司会者が「令和になっても寅次郎(寅さん)が必要なのはなんでだとお感じになりますか」と質問した。

すると、山田監督は、「50年前の日本、この国は、今よりも、日本人は幸せだったと思います。あの頃はもっと未来もあった。若者ももっと元気があった。一生懸命働いてカラーテレビを買いたいとか、車を買いたいとか。寅さんはその時代に生まれ、あの通り自由奔放なことをやってきた。みんなそのメチャクチャなことにみんな迷惑しながらも、彼をひとりの人間として、自分達の仲間として見ていた。今の時代は万事窮屈になっている。自由でノビノビできない」と言う。

そして「今僕たちはほんとうに幸せなのか、ということを、(50作目の)あの映画をみながら感じてほしいと思っています」とも話す。

「(寅さんは)いるんです。彼は死なないんです」(山田監督)

司会者が「90過ぎても、(寅さんは)どっかでフラフラしているんですよね」と問いかけると、山田監督は「(寅さんは)いるんです。彼は死なないんです」と言い切ると、会場から拍手がおきた。

柴又で112日から2日間にわたって開かれた「寅さんサミット」は、全国各地のロケ地の自治体関係者らが集まり、それぞれのご当地グルメとともに「寅さん」の世界を堪能できるイベントだ。

会場には、第41作「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」で唯一の海外ロケ地となったオーストリア・ウィーンからも出店があった。

1作で、寅さんは、渡し舟「矢切の渡し」で柴又に戻ってくる。その渡し舟は千葉県松戸市からやって来る。そんな縁で出店していた「松戸」のブースでは、レモンやキウイの果実酒と並んで、「寅さん」ラベルの焼酎が販売されていた。ブース前には、寅さんそっくりの衣装を着たゆるキャラ「松戸さん」がいた。普段は違う衣装を着ているそうなので、サミットにあわせてコスプレをしていたらしい。

「松戸」のブース前のゆるキャラ「松戸さん」
「松戸」のブース前のゆるキャラ「松戸さん」
三重県菰野(こもの)町のブース
三重県菰野(こもの)町のブース

三重県菰野(こもの)町には、第3作「男はつらいよ フーテンの寅」で、寅さんが働いたという設定の「湯の山温泉」がある。町職員らが「寅さん」が「昭和45年に湯の山温泉で働いていたこと知っていますか」と書かれた旗を持ってPRしていた。

               ◇◇◇

「寅さん」の全国各地の旅の足跡などを追った数々の記事が、好評発売中の旅行読売臨時増刊『昭和の鉄道旅 復活編』(定価1000円)に掲載されている。

旅行読売臨時増刊『昭和の鉄道旅 復活編』
旅行読売臨時増刊『昭和の鉄道旅 復活編』

Writer

藤原善晴 さん

月刊「旅行読売」編集部に2019年12月まで勤務。現在読売新聞東京本社文化部。瀬戸内海が見晴らせる広島県安芸津町風早(現・東広島市)生まれ。レトロブームということもあり、最近は「昭和」という言葉に敏感に反応。また、故郷が「令和」の典拠となった万葉集ゆかりの地であるため、福岡県太宰府市、奈良県、富山県高岡市、鳥取県など各地の「万葉集」ゆかりのニュースにも目を光らせている。