たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

日本三大夜桜の高田城へ

場所
  • 国内
  • > 北陸・中部・信越
  • > 新潟県
> 上越市
日本三大夜桜の高田城へ

高田城三重櫓と桜並木(写真/上越観光コンベンション協会)

わずか4か月で築城

徳川家康の六男・忠輝が築城した高田城(新潟県上越市)。現在、一部を除いて高田公園(202041日から高田城址公園に名称変更)として整備されている平城だ。野球場や陸上競技場などもあり、面積は約50ha。「広いなぁ」というのが第一印象だ。

高田城は石垣が積まれず、土塁をめぐらしているだけで、天守も建てられなかった。本丸の土塁は高さ約10mもある。大坂の陣が迫り、完成を急ぐ必要があったからだという。伊達政宗を総裁に上杉景勝、前田利常らが関わった天下普請は、約4か月で完成を見たといわれている。

現在、1993年に再建された三重櫓が高田城のシンボルになっている。1、2階は城関連の資料を展示し、3階は妙高山などを望める展望室だ。

高田城のシンボル「三重櫓」
高田城のシンボル「三重櫓」
三重櫓内では高田城の歴史をパネルなどで案内
三重櫓内では高田城の歴史をパネルなどで案内

約4000本のソメイヨシノ

この城の魅力は何といっても桜だ。高田公園と周辺を合わせ約4000本のソメイヨシノが植えられている。毎年4月に高田城址公園観桜会を開催。外堀にずらりと桜が咲き誇る光景は、想像するだけで心が躍る。夜間はライトアップされ、日本三大夜桜の一つにも数えられている。期間中は約120万人が訪れ、高田城が最もにぎわう季節だ。

文/田辺英彦

ソメイヨシノに彩られる高田城三重櫓(写真/上越観光コンベンション協会)
ソメイヨシノに彩られる高田城三重櫓(写真/上越観光コンベンション協会)

<施設データ>

高田城

☎025・5265915(高田城三重櫓)

https://www.city.joetsu.niigata.jp/soshiki/bunka/takada-castle.html

 (出典 「旅行読売」2020年4月号)

(ウェブ掲載 2020年3月17日)

日本の名城 関連ツアーはこちら

https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kokunai/castle/

桜めぐり 関連ツアーはこちら

https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kokunai/sakura/

Writer

田辺英彦 さん

東京都大田区出身、埼玉県在住。旅行ガイドブック編集・執筆、出版業界誌執筆などを経てフリーランスに。東北・八幡平の温泉群と、低山ハイク、壊れかけたもの・廃れたものが好き。