たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

紅茶の店しゅん

場所
> 盛岡市
紅茶の店しゅん

店内の木目の壁にはサインがびっしり。中央は松本征子さん・亜弓さん親子

ダージリンティーの新芽の香り

盛岡の紺屋町を歩いていて、その先の石畳の葺手町(ふきでちょう)商店街にしゃれた紅茶の店を見つけた。2階建ての店内はユニークな造り。中央にグランドピアノが置かれ、その前の洋風階段を上がると、2階席が左右に分かれている。客席の片側は壁がなく、天井の梁が見えて開放感がある。

「建物は古い町家を改装しました。梁(はり)は前の日本家屋のもの。間取りや階段は私のイメージです」と店主の松本征子(せいこ)さんはマーマレードを仕込みながら言う。和洋折衷とはこのこと。1985年に店を開いたきっかけは、知人からもらった茶葉。「インド・ダージリンのファーストフラッシュ(春摘み茶)でした。こんなに香り、味がいいのかと、それまでの紅茶観が覆りました」

現地に買い付けに行き、帰国後、友人に配ったところ評判がいい。やがて店をもつ夢が生まれた。今でも数年に 一 度、インドに通う。インドの知人の医食同源(いしょくどうげん)の考えにひかれて作る「わがままカレー」が人気だ。

ふくよかな紅茶の香りを楽しんでいると、壁に書かれたたくさんの落書きに気づいた。「ミュージシャンのサインです。音響がいいらしく、ライブをやりたいと頼まれて」と松本さん。昔ファンだった男女デュオの懐かしい名もあった。こんな風に食や音楽、人柄にひかれ集まれる場所、くつろげる店があるのは、何と幸福なことよ。

文/福崎圭介 写真/三浦健太郎

外観
町家を洋風に改装した建物
カレー
わがままカレー、 自家製シフォンケーキ、ダージリンティー。アッサム茶やウバ茶もある
店内
吹き抜けで開放感のある2階客席

紅茶の店しゅん

住所:岩手県盛岡市中ノ橋通1-3-15

交通:東北新幹線盛岡駅から左回り循環バス12分、盛岡BC下車徒歩5分

TEL:019-623-3036

(出典 「旅行読売」2020年7月号)

(ウェブ掲載 2020年10月24日)

Writer

福崎圭介 さん

新潟県生まれ。広告制作や書籍編集などを経て月刊「旅行読売」編集部へ。編集部では、連載「旅する喫茶店」「駅舎のある風景」などを担当。旅先で喫茶店をチェックする習性があり、泊まりは湯治場風情の残る源泉かけ流しの温泉宿が好み。最近はリノベーションや地域再生に興味がある。趣味は映画・海外ドラマ鑑賞。