たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

サロン・ド・テ ロンド

場所
> 港区
サロン・ド・テ ロンド

波打つガラスカーテンウォールが特徴的な建物。1階は系列の別のカフェ

空中に浮かぶ円形のカフェ

都心で非日常感を味わいたくなったら国立新美術館に行くといい。六本木の繁華街から正門を入ると、故黒川紀章氏が「森の中の美術館」をコンセプトに設計した全面ガラス張りの巨大な建物が現われる。ロビーは天井高21.6㍍の吹き抜け空間で、円錐を逆さにした形の大小二つの塔が鎮座しており、このアトリウムのスケールに圧倒されながら、奥の塔にあるティーサロンに上がった。

名前の「ロンド」(輪舞)の通り、コーンの底に載る店は、空中に浮かぶ円形舞台のようで浮遊感がある。空間が広いためか、波打つ窓から自然光が降り注ぐ館内は、静寂に包まれている。展覧会帰りであろう人たちが、作品の余韻とコーヒーや紅茶を楽しんでいる姿があった。

「国内5番目の国立美術館として2007年に開館する際、土地柄、国際色豊かな客層を意識してフランス料理店やカフェなど館内4店もオープンしました。企画展とコラボしたオリジナルデザートを出すこともあります(休止中)」とカフェの運営会社ひらまつの鳴澤佑里子さん。

ショップで土産を買い、地下鉄駅へ向かう。ほんの数時間の滞在なのに晴れやかな気分になっているのは、美術館そのものに日常にない創造的な遊びや自由の感覚を感じたからかもしれない。大きさ、曲線、光、色……それ自体が作品なのだ。

外観
4階建ての国立新美術館
店内
館内のイスも有名デザイナーの作品
ケーキとコーヒー
ケーキ「木苺のムース フランボワーズのクーリー」とコーヒーのセット

サロン・ド・テロンド

住所:東京都港区六本木7-22-2

交通:地下鉄大江戸線・日比谷線六本木駅から徒歩5分、または地下鉄千代田線乃木坂駅直結加賀温泉駅から北陸線3分の大聖寺駅下車徒歩8

TEL03-5770-8162

(出典 「旅行読売」2020年9月号)

(ウェブ掲載 2021年1月3日)

Writer

福崎圭介 さん

新潟県生まれ。広告制作や書籍編集などを経て月刊「旅行読売」編集部へ。編集部では、連載「旅する喫茶店」「駅舎のある風景」などを担当。旅先で喫茶店をチェックする習性があり、泊まりは湯治場風情の残る源泉かけ流しの温泉宿が好み。最近はリノベーションや地域再生に興味がある。趣味は映画・海外ドラマ鑑賞。

Related stories

関連記事

Related tours

関連ツアー