たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

喫茶ドン

場所
  • 国内
  • > 北陸・中部・信越
  • > 岐阜県
> 高山市
喫茶ドン

店内の調度は先代の頃から変わっていない

骨董ランプの明かりに照らされて

「古い町並」として知られる上三之町の、宮川を隔てたひと筋西の本町通りにある。高山でも指折りに古い喫茶店と聞いて寄った。天井から下がる骨董ランプの明かりが、年季の入った木製のカウンターや、白いクロスをかけたイスを照らしている。創業は1951年。60年の改装後、内装はほぼそのままという。

2代目の和田恭直さんと妻の直子さん、2人の娘さんが店を切り盛りする。昨年、恭直さんが病に倒れてから営業時間を短縮したが、退院後もカウンターに立ち、ドリップコーヒーをいれ続けている。

20 代の頃にこの店に通い伴侶と出会ったという直子さんは「私にとって喫茶店は憧れでした。昔は仕事を終えた町の〝旦那衆〞が集まり、珍しいコーヒーやスイーツを楽しむ場所だったようです」。当時のモノクロ写真を見せてもらうと、店に立つ先代は黒服、妻は割烹着姿で喫茶店らしからぬ正装。「店名もドン・ファンから付けたとか、空砲からとか、いくつか説がありますね」

直子さんの話を聞いていると、壁の「CAKE&CHOCOLATE」の文字にも、その頃のハイカラな雰囲気が匂い立つようだ。梁にこんな文字が書かれていた。「春夏冬 二升五合」。どんな意味か尋ねると、「商い(秋ない)益々(2升)繁盛(1升の半分)」。いかにもしゃれている。

文・写真/福崎圭介

外観
アーケード街の本町通りにある
グルメ
ブレンドコーヒーに合う手作りスイーツも名物。チーズケーキ、プリンなど

喫茶ドン

住所:岐阜県高山市本町2-52

交通:高山線高山駅から徒歩10 分

TEL:0577-32-0968

(出典 「旅行読売」2020年4月号)

(ウェブ掲載 2020年6月20日)

 

旅行読売出版社「旅する喫茶店」2021年9月1日(水)発売 定価1430円(税込)

Writer

福崎圭介 さん

新潟県生まれ。広告制作や書籍編集などを経て月刊「旅行読売」編集部へ。編集部では、連載「旅する喫茶店」「駅舎のある風景」などを担当。旅先で喫茶店をチェックする習性があり、泊まりは湯治場風情の残る源泉かけ流しの温泉宿が好み。最近はリノベーションや地域再生に興味がある。趣味は映画・海外ドラマ鑑賞。

Related stories

関連記事

Related tours

この記事を見た人はこんなツアーを見ています