たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

珈琲るーむ 森永

場所
> 和歌山市
珈琲るーむ 森永

和歌山市内最古と言われる純喫茶でくつろぐ

戦後から続くコーヒーの香りと人情味

JR和歌山駅の改札を出て、けやき大通りをまっすぐ西に向かう。紀州徳川家の居城だった和歌山城へは徒歩で20分ほど。界隈の市街地は、55万5000石を誇った紀州藩の旧城下町だ。

大通りの途中にある珈琲(コーヒー)るーむ森永は、昭和の香りを色濃く残す喫茶店。創業は戦後すぐの1947年で、城を含め一帯が焦土(しょうど)と化した大空襲から2年後のことだ。

「戦災復興事業で大通りができた頃、私は大阪から嫁いできたの。長年、夫婦で営んできた店やけどマスターが亡くなってからは娘と二人でやっています」とママの平川彩榮さん、今年87歳。店名の由来を尋ねると「森永ミルクキャラメルからとったんです。誰でも知っているし、覚えやすいでしょ」とにこやかに話す。

こぢんまりした店内にはテーブル席が九つ。窓際に座り、街並みを眺めてのんびり過ごしたい。注文したのはコーヒー付きのモーニングサービスで、小判形の銀皿がどことなく懐かしい。午前中のみのメニューだが、要望があれば時間外に出すこともあるという。

「若い頃からずっと通ってくれる常連さんも多いんですよ」と娘の森美和さんがほほ笑んだ。温かい人情とコーヒーを味わったら、城下町の面影を探して街を歩こう。

文/北浦雅子 写真/清水いつ子

外観
70余年に渡り市街地の変遷を見守ってきた店
グルメ
ベーコンエッグに季節のフ ルーツが彩りを添えるモーニングサービス
母と娘
ほがらかな母と娘がつくる居心地の良さも魅力

珈琲るーむ 森永

住所:和歌山県和歌山市美園町2-68

交通:阪和線・和歌山線・紀勢線和歌山駅から徒歩6分

TEL:073-422-2420

(出典 「旅行読売」2021年8月号)

(ウェブ掲載 2021年8月13日)

 

 

 

旅行読売出版社「旅する喫茶店」2021年9月1日(水)発売 定価1430円(税込)

Writer

たびよみ編集部 さん

Related stories

関連記事

Related tours

この記事を見た人はこんなツアーを見ています