たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

鳥取県琴浦町の地域おこし協力隊になった熱波師

場所
> 琴浦町
鳥取県琴浦町の地域おこし協力隊になった熱波師

サウナを通じて地域の魅力を伝えたい

サウナをテーマにしたテレビドラマが制作されるなど、ここ数年のサウナブームは驚異的。そんなブームの中、注目され
るようになったのが、サウナ内で発生させた蒸気をタオルなどをあおいで熱気を送る熱波師(アウフギーサー)の存在だ。

女性熱波師の五塔熱子(ごとう・ねつこ)さんが2021年5月、琴浦町の地域おこし協力隊となり、サウナを活用した地域振興に乗り出した。
「日本で初めて国立公園( 大山隠岐国立公園)内に設けられたサウナ『 Nature Sauna 』を拠点にするため、協力隊に応募しました。サウナの楽しみ方の一つである熱波(アウフグース)の普及を通じて、琴浦町の魅力発信にも貢献したい」

サウナテント内でアウフグースを行う五塔さん(左)

本名は石黒明日香(いしぐろ・あすか)だが、「熱波師として紹介してもらえるなら、活動名でお願いします」とのこと。「西日本でのアウフグースの普及が使命」と言い切る。

琴浦町は人口約1万7000人のコンパクトな自治体。「サウナを町民の健康増進に役立てるとともに、サウナやアウフグースの魅力を少しでも伝えたい」と五塔さん。協力隊の活動は最長3年間。女性熱波師の同町での活動は緒についた
ばかりだ。

(旅行読売2021年10月号掲載)

(WEB掲載:2021年9月22日)

Writer

松本浩行 さん

東京都墨田区出身。月刊「旅行読売」編集部勤務から3年間の青森県勤務(読売新聞弘前支局)を経て、2019年11月、月刊「旅行読売」編集部に戻る。これまでに群馬県、石川県、宮城県などでも勤務した経験をもつが、今では「歌手ならりんご娘(ご当地アイドル)、山なら岩木山、果物ならリンゴ」と語る青森推しの編集長。

Related stories

関連記事

Related tours

この記事を見た人はこんなツアーを見ています