たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

山形・小野川温泉に“温泉むすめ”誕生 看板制作のクラウドファンディングに挑戦中

場所
> 米沢市
山形・小野川温泉に“温泉むすめ”誕生  看板制作のクラウドファンディングに挑戦中

山形・小野川温泉に“温泉むすめ”誕生 看板制作のクラウドファンディングに挑戦中

山形県米沢市にある名湯・小野川温泉では、「小野川小町に会える温泉街」を目指してクラウドファンディングに挑戦している。

小野川温泉は、山形新幹線米沢駅からバスで約25分。山あいに13軒の宿が肩を寄せ合う。伊達政宗公らも愛した湯は、メタケイ酸が豊富で化粧水のような温泉と評判だ。すべての宿で源泉をかけ流し、飲泉もできる。

そんな温泉街の活性化に向け、101日に温泉むすめ「小野川小町」が誕生。温泉を発見した小野小町の伝承にちなんだもので、小野川温泉ファンを増やしたい思いがある。そこで小野川小町をあしらった看板制作に、100万円を目標にクラウドファンディングに挑戦。3㍍近く積もる豪雪地のため、壊れかけ老朽化した温泉街の案内板を修繕するためだ。

支援は、温泉街の看板に名前を記載してもらえる「温泉街に名を残すコース」5000円、小野川小町グッズや手ぬぐいなどももらえる「グッズで応援コース」1万円など、3000円~2万円と各種ある。

詳細は、読売新聞社クラウドファンディングサイト「idea markethttps://idea-yomiuri.en-jine.comを参照。


山形・小野川温泉に“温泉むすめ”誕生 看板制作のクラウドファンディングに挑戦中
老朽化し傾いた現在の案内板

(出典 「旅行読売」2019年12月号)

(ウェブ掲載 2019年10月1日)

Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。