たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

ナニコレ!?みやげ 愛知県の巻 あかだ・くつわ

場所
  • 国内
  • > 北陸・中部・信越
  • > 愛知県
> 津島市
ナニコレ!?みやげ 愛知県の巻 あかだ・くつわ

歯が折れそうな硬さが特徴

インターネットで「硬い菓子」を探していたところ、「歯が折れそうだった」という刺激的なコメントを発見して興味津々。早速、その「あかだ」という名前の菓子を取り寄せた。

うるち米の粉に熱湯を加え、黒ゴマを混ぜてこねる。ちぎって直径1㌢~1.5㌢大に丸め、菜種油で約45分間揚げれば、「あかだ」の出来上がり。実にシンプルだ。塩や砂糖、しょう油は使わない。味は米そのもので、ゴマの風味が香る。とにかく硬い。歯は折れなかったが、奥歯でないと噛み砕くのは難しい。

弘法大師の故事に由来?

製造元で津島神社前で菓子店を営む「総本家あかだ屋清七」によると、平安時代に弘法大師(空海)が悪疫退散の祈願をこめて供えた米のお下がりで作ったのが、この菓子のルーツ。参拝者が疫病除けに買い求めた。

名前の由来は、丸薬を表す梵語の「阿迦陀(あきゃだ)」からの転用との説もあるというから、いずれにしてもかなりありがたい菓子であるようだ。それが、硬くて味が素朴でも、連綿と今日まで続いてきた理由だろう。

津島市の「祖先の遺産」に

一緒に送ってもらった「くつわ」は、江戸時代に神馬の轡(くつわ)に似せて作られたという。こちらは、うるち米、もち米、黒ゴマに加え、砂糖も入っていて食べやすい。いずれも、津島市制定の「祖先の遺産」に指定されており、同店では「今後も手作りにこだわり、伝統の味を守っていきたい」と語っている。

 【価格】あかだ540円(1袋約50個)、くつわ540円(1袋約20個)

 買える場所

総本家あかだ屋清七(津島市祢宜町1)

取り寄せ情報

http://www1.clovernet.ne.jp/akasei/

問い合わせ

総本家あかだ屋清七

TEL 0120418928

Writer

松本浩行 さん

東京都墨田区出身。月刊「旅行読売」編集部勤務から3年間の青森県勤務(読売新聞弘前支局)を経て、2019年11月、月刊「旅行読売」編集部に戻る。これまでに群馬県、石川県、宮城県などでも勤務した経験をもつが、今では「歌手ならりんご娘(ご当地アイドル)、山なら岩木山、果物ならリンゴ」と語る青森推しの編集長。