たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

100年超える老舗駅弁を求め山陽路へ

場所
100年超える老舗駅弁を求め山陽路へ

コリコリ感のあるタコの吸盤がたまらない「元祖珍辨たこめし」(糸崎駅にて)


料亭旅館の駅弁が話題に

1964年に東海道新幹線が開業し、鉄道はスピード化の時代へ。それに伴い、ボックスシートの窓越しに駅弁を買う楽しみは昔のこととなった。そんな時代だからこそ、創業100年を超える老舗の味を楽しみたくて山陽路を辿ることにした。

岡山市に本社を構える三好野本店は、1781年創業の米問屋が前身。津山藩の御用商人を務め、その後、料亭旅館「三好野」も営んだ。駅弁は、山陽鉄道岡山駅が開業した1891年から売り始めた。

「最初に手掛けた駅弁は、竹包みに塩にぎり、奈良漬けを添えたものでした。当時はたくあんが一般的で、『奈良漬けを入れるなんて、さすが料亭旅館の駅弁だ』と注目されました」と5代目社長の若林昭吾さんは話す。白米一升が8銭余の時代に、同じ8銭でも駅弁はよく売れたという。


駅弁への追求心に満ちた社長・若林昭吾さん
駅弁への追求心に満ちた社長・若林昭吾さん

桃太郎ゆかり、郷土の駅弁

当時の国内旅行といえば海外へ出かけるような盛り上がりで、駅弁も特別な存在だった。岡山駅の支度所では、見送る人も一緒に駅弁で宴を開く人が多かったそうだ。

現在、一番人気の駅弁は「桃太郎の祭ずし」。桃太郎ゆかりの地、ばら寿司が郷土の味である岡山らしさを出した駅弁である。酸味を抑え、やや甘めに仕上げた酢飯に幅広の錦糸卵を散らし、その上に有頭エビ煮、焼きアナゴ、ママカリの酢漬けなどの具材を並べている。

「具材は不定期に見直し、2018年からは刻みアナゴを大身に、藻貝をアサリに代えました」と駅弁開発担当の俟野智憲さん。赤貝に似た藻貝は岡山県でよく食べられ、ばら寿司に欠かせない。だが漁獲量が減り、安定量を確保できず、藻貝の使用を断念した。


器は土産に持ち帰って小物入れにもなる「桃太郎の祭ずし」
器は土産に持ち帰って小物入れにもなる「桃太郎の祭ずし」

創業約130年の老舗の味

そんな駅弁を食べながら、山陽線に揺られて西へ。2人掛けシートが並ぶ車内は空いていて、背もたれの向きを変えてゆったりと対面シートに。カップ酒の肴に具材を少しずつ賞味。「歴史は過去だけではなく進行形。これからも広く喜ばれる駅弁を生みたい」という若林社長の思いを感じる妙味であった。

カップ酒が2本空く頃に三原駅に到着。ここにも老舗の駅弁があるので途中下車した。1890年に創業、130年近い歴史のある浜吉である。


夏の風物詩「三原やっさ祭り」の像が飾られた三原駅
夏の風物詩「三原やっさ祭り」の像が飾られた三原駅

糸崎駅で24時間立ち売りも

三原はタコ漁で知られる港町で、また城下町。浜吉本社は隣の糸崎駅前にあり、1892年から糸崎駅で立ち売りしたのが駅弁物語の始まりだ。かつての糸崎駅は山陽鉄道の終着駅で、大規模な機関庫を併設。炭や水の補給のために、SLをはじめ列車の大半が停まったという。

「長い連結車両のあちこちから声がかかり売り子は大忙し。夜汽車も多かったので、全盛期には30人~40人が24時間体制で売っていました」と、6代目社長・赤枝俊郎さんは振り返る。

浜吉では現在、30種ほどの駅弁を扱っている。人気の「元祖珍辨(ちんべん)たこめし」は1953年に誕生。“珍”の字は、4代目社長・珍彦(うずひこ)さんの名前から付けられた。タコ漁の船に同乗した際、船上で食べた漁師飯のたこめしに感動して駅弁にしたという。

見た目は錦糸卵でも原材料名に“玉子焼”とあるのは、少し焦げ目を付けて焼いたこだわりから。地元向けの仕出し弁当でも浜吉の玉子焼は人気だ。


「浜吉」社長の赤枝俊郎さん
「浜吉」社長の赤枝俊郎さん
事前予約で「元祖珍辨たこめし陶器製」もある
事前予約で「元祖珍辨たこめし陶器製」もある

瀬戸内海を眺めながら駅弁を

そんなたこめしを食べながら、呉線に乗って広島駅へ向かうことに。「瀬戸内さざなみ線」の愛称があるほど、海景が魅力の路線だ。海辺を走る鉄道旅情にひたれる路線として人気が高い。

筆影山を見送った辺りから瀬戸内海が広がり、大小無数の島々が迎えてくれる。弧を描く入り江や浦々を過ぎるたびに、島々の重なりは変わり、表情の異なる多島美を楽しませてくれる。特に安芸幸崎-忠海駅間の車窓風景は、「JR西日本で最も美しい」と称賛する人がいるほどだ。

終着の広島駅にも魅力的な駅弁は数多い。「さて次は、どんな駅弁を味わおうかな」と、広島駅に着いて早々、胸躍らせて駅弁売り場へ向かった。

文/松田秀雄


糸崎駅に停車中の山陽本線
糸崎駅に停車中の山陽本線

<施設データ>
三好野本店TEL0120-35-3355

http://www.miyoshino.com/

 浜吉TEL0848-62-2121

(出典:旅行読売臨時増刊「おいしい駅弁旅」、2019年3月発行)

(ウェブ掲載20191210日)


Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。