たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

Remember(リメンバー)湯!

場所
  • 国内
  • > 北陸・中部・信越
  • > 長野県
> 千曲市
Remember(リメンバー)湯!

戸倉上山田温泉の「美肌の湯」を忘れないで

Remember――。中学校で習った英単語を思い出そう。命令形で使えば、「忘れないで」「思い出して」の意味。コロナ禍で旅行客が激減する中、長野県千曲市の戸倉上山田温泉旅館組合連合会では、「当地の湯を思い出して」との意味を込めて「Remember(リメンバー) 湯」事業を企画した。

同事業は、源泉から汲(く)んだペットボトル入り温泉水(500㍉㍑)や温泉成分表、現地で使えるお得なサービス券などを固定客らに贈ろうというもの。

事業の中核を担う青年部の柳ケ瀬貴一郎部長(有田屋旅館社長)は「自宅の浴槽に温泉水を少し足して、当地の硫黄の
香りを思い出していただければ」と話し、「『私たちも頑張っていますよ』『いつかまたお越しください』というメッセージを込めました」と続けた。

源泉からペットボトルに注がれる「美肌の湯」

すでに300セットを発送した。「親戚にも送りたい」「息子に送りたい」など反響も大きいことから、先方に送料を負担してもらう形で50セット分も準備。柳ケ瀬さんは「市とも相談し、予算を確保できれば、さらに事業を拡大したい」と言う。

(旅行読売2021年8月号掲載)

(WEB掲載2021年8月7日)

Writer

松本浩行 さん

東京都墨田区出身。月刊「旅行読売」編集部勤務から3年間の青森県勤務(読売新聞弘前支局)を経て、2019年11月、月刊「旅行読売」編集部に戻る。これまでに群馬県、石川県、宮城県などでも勤務した経験をもつが、今では「歌手ならりんご娘(ご当地アイドル)、山なら岩木山、果物ならリンゴ」と語る青森推しの編集長。

Related stories

関連記事

Related tours

この記事を見た人はこんなツアーを見ています