たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

明智光秀を知る旅(2)

場所
> 福知山市
明智光秀を知る旅(2)

城下町を整備し、治水に貢献 神として祀られる

天守閣の内部は近代的な資料展示室。中でも光秀関連で目を引くのは、光秀が定めたとされる18条からなる「家中軍法」の複製だ。現物は、のちほど紹介する御霊神社が所蔵していて、市の指定文化財になっている。

「家中軍法」には、戦場での規律や軍役の基準などが書かれているが、石高に応じて馬や鉄砲、槍など供出する数を定めており、光秀が領地で検地を行っていたことがうかがえる資料にもなっている。

蛇ヶ端御藪(明智藪)

福知山城から、府道をまたぐ太鼓橋風の歩道橋を渡ってすぐの所に、光秀が治水のために竹などを植えたと伝わる「蛇ヶ端御藪(じゃがはなおんやぶ)」(明智藪とも呼ぶ)がある。城下町を整備するに当たり、由良川の流れを変え、新たな流れの衝撃をやわらげるためにこの藪を設けたとの伝承があるそうだ。

地元の「明智光秀公研究会」のメンバーでもある芦田さんは「光秀さんの業績としては、このほかにも地子銭(宅地税)を免除するなど、城下町としての発展の礎を築いたことが挙げられます」と話す。

御霊神社

明智藪から15分ほど歩けば、御霊神社だ。

この神社は、五穀をつかさどる保食神を祭神、光秀を配神とする。福知山では、光秀は地元の人々の敬愛と尊崇を集める神なのだ。

神社所蔵の「法」には、自分を取り立ててくれた織田信長に対する感謝の気持ちも書かれている。これが書かれたのは「天正9(158162日」。本能寺の変が起きた天正1062日のちょうど1年前だ。この文書が偽書でないとするならば、1年という月日の間に何が光秀を変えてしまったのか。そんなことを考えながら、鳥居をくぐった

Writer

松本浩行 さん

東京都墨田区出身。月刊「旅行読売」編集部勤務から3年間の青森県勤務(読売新聞弘前支局)を経て、2019年11月、月刊「旅行読売」編集部に戻る。これまでに群馬県、石川県、宮城県などでも勤務した経験をもつが、今では「歌手ならりんご娘(ご当地アイドル)、山なら岩木山、果物ならリンゴ」と語る青森推しの編集長。