たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

「明智光秀公は地元の名君」 

場所
> 福知山市
「明智光秀公は地元の名君」 

福知山に来て人柄を肌で感じて

京都府福知山市は、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀が福知山城を築いた地として知られる。現在の天守は光秀時代の石垣などを利用しつつ1986年に再建された。2015年から館長を務める駿河禎克(するが・よしかつ)館長が振り返る。

「近年の入館者数は3万人台~4万人で推移していましたが、昨年度は10万人を超えるお客様をお迎えした。ドラマの放映前に来訪した方が多かった」

ところが、新型コロナウイルスの影響で天守閣は長期休館に追い込まれ、ようやく再開にこぎつけたのは6月1日だった。

コロナ禍で放映がストップしていたドラマも8月30日に再開。駿河館長は「光秀公は地元では名君として親しまれてきました。ドラマを通じて人柄に触れてほしい。一度福知山へ来て、光秀公を肌で感じていただきたい」と、PRに余念がない。

 

日本の名城 関連ツアーはこちらから。

 

「麒麟がくる」の放映再開で、注目を集める福知山城

Writer

松本浩行 さん

東京都墨田区出身。月刊「旅行読売」編集部勤務から3年間の青森県勤務(読売新聞弘前支局)を経て、2019年11月、月刊「旅行読売」編集部に戻る。これまでに群馬県、石川県、宮城県などでも勤務した経験をもつが、今では「歌手ならりんご娘(ご当地アイドル)、山なら岩木山、果物ならリンゴ」と語る青森推しの編集長。